毎日のように激しい運動を行っている人は、サロンやクリニックで脱毛を済ませた後には、いつもの運動を控えるように注意しなければいけません。

脱毛後は激しい運動は控えましょう

特にレーザーを使った施術を行ってもらった後は、毛穴に熱がこもらないように注意が必要だからこそ、身体を激しく動かすのは止めておいた方が良いです。ずっと身体を動かすのを我慢しなければ駄目だという事ではなく、毛を抜いた当日だけでも運動を我慢しておけば、それだけで毛穴のダメージを抑える事ができます。

どうしても身体を激しく動かす必要がある場合は必ず毛穴を冷やすこと

もし施術を行ってもらった後に、どうしても身体を激しく動かす必要があるという時には、毛穴を冷やす作業を行ってください。アンダーヘアーの処理をした後に、全速力で走っていると股間の毛穴に熱がこもってしまったり、皮膚同士が擦れ合う事によるダメージが残ってしまう場合もあります。

身体を動かしてから毛穴を冷やす事でも、毛穴のダメージは抑える事ができますから、まずは店舗スタッフから正しいアドバイスを受け取ってください。肌が軽く火傷を負っている状態になっていると感じたら、すぐにでも相談をしてみる事をおすすめします。有名な店舗のスタッフであれば、施術を行ってもらってから皮膚に不安な点が少しあるというだけで、すぐに相談に乗ってくれます。

脱毛を済ませてから汗をかいてしまった時には、その汗も優しく拭き取っておかなければ、汗に含まれている成分で雑菌が繁殖する事になりかねませんから注意をしてください。

ディオーネなら肌トラブルがあっても施術ができる

肌の露出が多い季節になると、無駄毛の自己処理をする回数が増えるので憂鬱に感じる人も多いです。あまり頻繁に自己処理をすると、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルをおこすことが多いので、できるだけ自己処理は少なくするといいでしょう。それは難しいという人は脱毛サロンに通い、エステティシャンにお手入れを任すことが大事です。

脱毛サロンで施術をおこなう時に気をつけることは、肌トラブルをおこしていると施術を断られたり、そこだけ避けて施術をおこなうこともあります。施術ができないと脱毛が完了するのも遅くなるので、自己処理で肌トラブルを起こさないように気をつけましょう。

アトピーやニキビのある肌でも施術できるので安心

ディオーネのハイパースキン脱毛なら、一般的な光脱毛のように高熱を使わずに、弱いエネルギーで表面に生えていない毛穴の中の毛の種に刺激を与え脱毛する方法なので、肌トラブルのある肌でも脱毛がおこなえます。アトピーやニキビのある肌でも施術できるので、誰でも安心して施術を受けることができます。

肌が弱い人でも通える高松の脱毛サロン特集

冷却ジェルを使用しないので毎回快適な施術です

ディオーネのハイパースキン脱毛は、冷却ジェルを使用しないので、冷たさに我慢しながら施術を受けずにすみます。暖かいジェルを使用するので、毎回快適に施術を受けることができます。
脱毛サロンで施術を受ける場合は、どうしても痛みが気になりますが、ディオーネのハイパースキン脱毛ならば、肌へのダメージがまったくないので、vioラインなどのデリケートゾーンでも痛みを感じることなく施術を受けることができます。