脱毛の際にレーザー照射によって肌に赤みが出てしまうという人も居ますが、そういった症状は時間が経てば落ち着いてくるものなので、そんなに心配する必要はありません。しかし脱毛の経験が今までになく、はじめてそういった赤みを体験したにとっては「どうしてこんな風になってしまったのだろうか」・「自分には脱毛は合わないのだろうか?」などと考える要因にもなってしまいます。

赤みが気になったらすぐにスタッフへ相談を

ムダ毛の処理をする為の施術には特殊な光を用いたレーザーを使用し、そのレーザーでムダ毛の毛根を刺激することで生えてこないようにします。

このレーザーは決して体に害のあるようなものではないのですが、やはり多少の刺激を与えるので、肌が弱い人や色白の人の肌には施術後に赤みが出てしまうのです。もしあまりにも心配だったり長い時間経っても赤みが引かない場合には、遠慮せずに通っているサロンやクリニックのスタッフに相談するようにしましょう。

きちんと自分の希望を伝えることが大切です

何も問題が無いと分かれば安心することが出来ますし、何か原因があってそうなっているのであればそれを解決する手伝いをしてくれます。また、レーザー照射時に強い痛みを感じた場合には、なるべく「その時」に痛いという事を担当のスタッフに伝えるようにしましょう。レーザーが強すぎて施術後に赤くなってしまっている可能性もあります。

サロンやクリニックのスタッフがその人一人一人に合った強さでレーザーを照射してくれます。

ミュゼでは剃り残し部分のシェービングサービスはありません

脱毛サロンの大手ミュゼ。脇脱毛がキャンペーンでお得というイメージが強いミュゼですが、気になるのは剃り残しの対応です。自分できれいに剃ったつもりでも実は剃り残しがあるケースがあります。そんな時、スタッフさんが剃ってくれるのでしょうか。

ミュゼでは脇の剃り残しに関してのシェービングサービスはありません。無料、有料を問わずにないのです。万が一剃り残りがあった場合、その部分を避けての照射か、剃り残りの部分が大きい場合は照射できないこともあるので、当日までにはきれいに処理しておきましょう。

ちなみに脇はNGですが、襟足、背中上下、ヒップ奥の手の届きに来分部に関してはスタッフによるシェービングサービスがあるので無理して剃って肌が大変なことになる心配はありません。

→実際に高松で人気の脱毛サロン特集をみる

剃り残しを気にして何度もカミソリで処理をするのもNG

剃り残しがあってはいけないと念入りに剃るのはいいですが、だからと言って何度もカミソリを当てて処理するのはNGです。カミソリ負けなど肌状態が悪いと照射してもらえない可能性が高いからです。ミュゼではムダ毛の自己処理の際に使ってもらいたい推奨シェーバーがあるのでそれを利用して、肌にダメージを与えないように注意して処理をすることです。

さらに気を付けたいのが毛抜きでの処理です。脇に関してはついつい毛抜きで根本から抜きたくなりますが、これでは毛周期が乱れて脱毛のスケジュールが崩れてしまいます。それに予約直前に抜いたらターゲットの毛母細胞がなくなり照射の意味がなくなるので、脱毛期間中はシェーバーで剃るにとどめておきましょう。